Monday, February 12, 2024
HomeBusiness Intelligenceスターリンクはいかにしてオーストラリアの観光会社の技術オペレーションを変革したか

スターリンクはいかにしてオーストラリアの観光会社の技術オペレーションを変革したか



衛星インターネット・プロバイダーであるスターリンクの開始は、オーストラリア有数のデスティネーション・ツーリズム会社であるジャーニー・ビヨンドにとって、運営面で大きな変革をもたらし、進歩と革新の新時代を牽引している。ジャーニービヨンドのICT担当GMであるマドゥミタ・マズムダール氏は、「スターリンクの登場で、状況は一変した」と説明する。「スターリンクが来て、ゲームは変わった。1mbpsのアクセスから、場所によっては250mbpsになった。100mbpsや150mbpsしか出ていなくても、これは大きなことだ。」

マズムダール氏は6年前、Covid-19の大流行による混乱に対処しながら、3ブランドから10ブランドへと急成長した急拡大期に入社した。

ジャーニー・ビヨンドの最大の投資は鉄道で、大陸を横断する豪華列車4本を所有・運営している。しかし、水上飛行機、海上船舶、フェリー、ポンツーン、コーチなどの小規模なフリートも運営し、最高の体験型観光を提供している。

技術的な観点から見ると、急成長は新たな機会をもたらしたが、同時に問題や混乱ももたらした。「一夜にして、同じことをする6つのソリューションを手に入れた」とマズムダールは言う。「特に古くて時代遅れのものをサポートするのは大変だった。買収した企業の中には、インターネットにまったく接続していないところもあった。」

つまり、オペレーションに関するリアルタイムのデータがなかったのだ。例えば、メンテナンスの問題は、優先順位をつけずに紙で記録しなければならなかった。「トラッキングができないため、カーブやデータが何を物語っているのかがわからない。その結果、データに基づいた意思決定ができない」とのこと。運用面では、総合的なインターネット・ソリューションが必要だった。彼女によれば、VSATも試したが、最大8メガバイトしか提供できず、1メガバイトにとどまることも多く、帯域幅は小さく、費用がかかり、目的に適していなかったと言う。

スペースXが所有する衛星インターネット・コンステレーションであるスターリンクは、2021年第1四半期にオーストラリアで開始することを発表し、ビクトリア州北部とニューサウスウェールズ州南部に試験的な取り組みを集中させた。

現場での一般客への販売は、早急に解決しなければならない最大の問題のひとつだった。例えば、西オーストラリアのロットネスト急行フェリーだ。「このツアーでは、携帯電話の接続が不安定だ」と彼女は言う。「問題は、買い物を処理するときに支払いを受けられないことだ。多くの場合、クルーは人々が来るのを待ち、後で接続が可能になったときに支払いをしなければならなかった。そのため、オペレーションに大きな影響があった。」

ジャーニービヨンドが2021年12月にスターリンクとの契約に踏み切ったのは、スターリンクがジャーニービヨンドのような企業に低遅延パフォーマンスを約束し、音声やビデオ会議、オンライン取引、VPNアクセス、クラウドコンピューティングなどのアプリケーションを可能にしたからだ。最大200Mbpsのダウンロード速度と20msの低遅延により、企業はどこでも業務を遂行できると信頼している。

例えば、100km沖合のポンツーンにスタッフが住み、そこで仕事をする場合、これは重要だ。「ポンツーンでは、クルーとホスピタリティ・スタッフが数週間ずつ出掛ける。以前はネットフリックスのコンテンツをダウンロードする程度だったが、今はもっと多くのことができるし、家族や友人と話すこともできる。以前は高価な衛星電話しかなかった。今、私たちは膨大な帯域幅を提供しているので、クルーはより幸せになり、私たちは公式な事柄に従事させることができる。また、以前はクルーへの通信に1週間かかっていた。今は同じプラットフォームで、みんなと同じ日に見ることができる。」

効率性のモデル

パンデミックによる混乱期に、ジャーニービヨンドは標準化プロジェクトを実施した。6つの電話システムと7つのPOSシステムを運用していた同社は、統合を図り、現在ではすべてのブランドで1つの標準的な最新プラットフォームを運用している。「オフィス・プラットフォームとクラウド・プラットフォームは、95%クラウド標準化されています」とマズムダー氏は言う。「コンタクトセンター・ソリューションも予約も同じだ。 数年かかったが、今ではビジネス全体でシームレスな環境を実現している」。

また、スターリンクのソリューションを導入する以前は単に利用できなかった、より多くの機会を発見できた。例えば、グレート・バリア・リーフ周辺でシュノーケリングやスキューバ・ダイビングをする人のデータを取得することに関する厳しい規制要件がある。以前はその情報はすべて紙ベースだったが、今ではすべてのプロセスをデジタル化している。「イベントやクレームが発生した場合、どうすれば人々の体験をより簡単で快適なものにできるかを考えている」と彼女は言う。

マズムダール氏は新進気鋭のCIOに、ビジネスのあらゆる側面について深い知識を得るために没頭し、そこからロードマップを作成する必要があるとアドバイスする。「しかし、長期的なプロジェクトに集中することを犠牲にしてはならない。一度にすべてをやる必要はないことを忘れないでほしい。」

スターリンクはジャーニー・ビヨンドにとって業務上の恩恵である一方、同社はそれを顧客に提供することについて複雑な思いを持っている。「我々は人々を素晴らしい場所に連れて行く。このような素晴らしい場所でスマホを操作してほしくない。人々はそこで楽しみ、立ち止まり、呼吸し、仲間の旅行者と話をする。インターネット接続が彼らの体験を大きく向上させるとは思えない。もしかしたら、まったく逆かもしれない。」

Careers

RELATED ARTICLES

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here

- Advertisment -
Google search engine

Most Popular

Recent Comments